2010.11.20. 重心・筋ジスワーキンググループ会議

介助職の業務確立、職種間の連携を

e0135279_015697.jpg


 九地協は11月20日、13時30分から事務所において重心・筋ジスワーキンググループ会議を開催しました。会議には、児童指導員・療養介助職・保育士の各代表、九地協の執行部担当役員と本部の三浦中央執行委員の計10人が参加しました。

 第3回目となる今回の会議では、障害者自立支援法の廃止とあらたな「総合福祉制度」制定の方向が示される中で、今後、国立病院の重心・筋ジスの医療・看護・介護はどうあるべきか、また職員の処遇・労働条件、現場の諸問題について論議しました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-11-20 18:00


<< 2010.11.27.九地協保... 2010.11.12.全国統一... >>