九地協・ピジョン団体交渉

e0135279_11183548.jpg

九地協は3月11日、事務所において、保育内容の充実、職員の賃金・労働条件の改善等を求めてピジョン(株)と団体交渉を実施しました。交渉では、退職金制度の新設や非常勤職員の時給の引き上げ、パート・アルバイトの契約職員化による処遇と人員体制の改善、保育の専門性を高めるための研修費用の増額などを要求し、職員が安心して子どもを預け、働ける職場となるよう保育所の充実を訴えました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2012-04-05 11:19 | 行動


<< 5・17九州統一対話宣伝行動 全医労九州退職者会第24回総会 >>