九地協・ピジョンブロック団体交渉

 九地協は3月7日、保育所職員・九地協執行部 合計25名参加でピジョン九州ブロック団体交渉を行いました。27項目にわたり、処遇改善や園の建て替えなど切実な要求をピジョンと協議しました。持ち帰り残業やSVによる組合からの郵便物のチェックなどについても一丸となって追及し、命を預かる院内保育所が、安心して働き続けられる職場となるよう、参加職員全員が「気持ちを声に」することができました。
e0135279_17235189.jpg

[PR]
by zeniro-kyushu | 2015-03-09 17:24


<< 療養介護病棟対策会議 第15回組織拡大・強化対策会議 >>