<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010.06.11-12. 第29回九州青年集会

楽しく学んで おおいに交流
仲間と一緒に「人間らしく」働きたい

e0135279_3285030.jpg



 九地協は6月11日~12日、佐賀県「武雄温泉ハイツ」において第29回青年集会を開催しました。集会には全8地区・24支部より94人が参加し、地元・佐賀地区の奮闘で大成功に終わりました。楽しく学び、おおいに交流し、仲間作りをする有意義な2日間を過ごしました。

【1日目】
 集会は14時に吉岡書記長のあいさつで開会。地元佐賀地区より男女2人を座長に選出した後、全医労本部の市村中央執行委員が「各地方協の青年集会の中で、九州青年集会の規模が一番大きく、全国を引っ張っている。今後とも九州の青年の活躍に期待したい」とあいさつしました。 続いて、岩佐青年担当執行委員がプロジェクターを使って、この1年の青年部活動の報告と今後のとりくみについて基調報告を行いました。  
14時半からは記念講演で学習。16時15分から、8班対抗のフットサルのレクリエーション。芝生の緑がきれいなコートの中で、熱戦を繰り広げ、大いに盛り上がりました。19時からは、佐賀地区の堀田洋子副議長の歓迎あいさつで夕食交流会が開会、地元佐賀地区の仲間によるバンド演奏や楽しいゲームで大変にぎわいました。

【2日目】
9時から各班に分かれて行われた分散会では、超過勤務や年休の取得について、業績評価やパワハラなど職場の問題から、労働組合の大切さや今後の青年部活動について話し合いを行いました。11時からの全体会では、各分散会からの報告の後、全体討論では宮崎地区の参加者より、口蹄疫の被害の状況や、それにともなって業務が増えていることなどについて報告がありました。
集会は、岩佐青年担当執行委員がまとめ、本部の市村中執が感想を述べた後、「集会宣言」を採択し、吉岡書記長の閉会あいさつで12時に全日程を終了しました。


=記念講演=

今回は、関西勤労者教育協会講師の中田進先生を招いて「本当に患者さんの立場に立ったよい医療をめざして~人間らしく働きつづけるために~」の演題で講演を聴きました。
中田先生は京都府出身。関西弁の軽妙な語り口で、働くとは何か…を入り口に、医療現場の実態、村上優子さんの過労死事件、労働組合の誕生の歴史から今日まで、労働組合の役割や大切さ、現在の社会保障や選挙制度の問題点など、実に幅広い内容を憲法との関わりも示しながら、楽しくわかりやすい講演でした。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-06-12 13:00 | 会議・集会

2010.06.02. 九州ハ病支部代表者会議

当面する課題と組織拡大に全力

e0135279_323325.jpg



 九地協は6月2日、人事院九州事務局要請を間にはさんで、9時から16時まで九州ハンセン病支部代表者会議を開催しました。会議には各支部代表に本部の桶谷書記(ハ病担当)を加え15人が参加しました。
 
会議は吉岡書記長の司会で進行、桶谷氏がハ病をめぐる全国情勢を報告、坂中書記次長が基調報告を行って全体討論に入りました。
 
討論では、賃金職員の「上限3年」雇用の問題を筆頭に、敬愛園で将来構想が示されたこと、奄美での医師確保、外来診療再開に向けたとりくみ、各園での自治会や地域との共闘など、活発に意見交換しました。
 
会議は最後に、療養所の充実・強化のたたかいで、①国会決議を力に厚労大臣答弁の獲得。閣議決定からの除外を求める運動②医師・看護師の欠員補充、増員を求める運動を進めること。また、将来構想確立に向けて園・自治体等への働きかけを強化することを意思統一しました。
賃金職員のたたかいでは「人事院宛要請はがき」をとりくむこと。併せて組織拡大、支部執行部体制の強化などを確認して会議は終了しました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-06-02 17:30 | 会議・集会

2010.06.02. ハ病 人事院九州事務局要請

賃金職員問題で訴え 安定的雇用で医療・介護の充実を
定員化こそ先 「上限3年」設けるな

e0135279_3202899.jpg


 九地協は6月2日、ハンセン病療養所の賃金職員の雇用に関する問題などで人事院九州事務局に要請行動を実施しました。要請では、2010年人事院勧告に向けて示されている「臨時雇用職員制度(仮称)」を機械的にハンセン病療養所にあてはめた場合、賃金職員の雇用が脅かされるばかりでなく、入所者の医療・看護・介護に与える不安が大きいことを指摘。ハ病基本法の趣旨に照らしても「上限3年ではなく定員化が先だ」「ハ病は臨時雇用職員制度から除外すべき」と強く訴えました。

 要請は11時に開始、九地協は13人、人事院は総務課長と第一課長が対応しました。冒頭、吉岡書記長が要請の趣旨を説明し、参加者の発言に移りました。

「被害回復」の理念

要請では参加者が現場の実態を出しながら、ただでさえ少ない人員の中で、賃金職員が「上限3年」の雇用となれば、医療・看護・介護のレベル低下は必至であり、入所者にしわ寄せがいくことは目に見えていると指摘。ハ病基本法にいう「被害回復」の理念に反するものだ、と訴えました。

定員と同様の仕事しながらなぜ

賃金職員は定員職員と全く同じ業務を行っており、本来、定員で採用されて当然であるのに、「上限3年」雇用の話が出て来て動揺が起きていることを伝えました。また、人員確保が年々きびしくなり、今日では賃金職員定数を満たすことが出来なくなっている実態をあげ、「今いる賃金職員を全員定員化すべきだ」と訴えました。

長年かけて築いた入所者との信頼関係

 ハンセン病療養所における職員と入所者の人間関係はとりわけ重視されるべきであり、一朝一夕で築けるものではない。参加者は、深い信頼関係があってはじめて日常的な看護・介護が成り立つことを強調しました。「上限3年」とする雇用については、入所者の方から賃金職員を気遣う言葉が寄せられていることを伝えました。人事院にはこれらのことを含め「ぜひ現場を見に来てほしい」と訴えました。

賃金職員は対象から除け

要請では、ハ病療養所の特殊性や歴史、基本法の趣旨を考慮し、賃金職員を臨時雇用職員制度の対象から除外すべきであること、定員化こそ望ましいことを繰り返し訴えました。
これに対して人事院は、「定員化は厚労省、施設の問題」といった見解を示しつつも、「今日、皆さんから現場の話を聞き、『ハ病に上限3年はなじまない』という強い要請があったことは必ず本院に伝える」と対応し、要請は12時に終了しました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-06-02 17:15 | 行動