<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010.11.27.九地協保育所連絡会議

九地協保育所連絡会議
組合に結集して保育を守ろう
「保育を語る会」の開催で地区内の連携強化、組織拡大を

e0135279_0113228.jpg


九地協は11月27日、事務所において、九地協保育所連絡会議を開催しました。会議では、ピジョンとのブロック交渉に向けた要求集約と、地区内の保育所連携・強化に向けた「保育を語る会」の開催、保育所職員の組織拡大について論議を行いました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-11-27 18:00 | 会議・集会

2010.11.20. 重心・筋ジスワーキンググループ会議

介助職の業務確立、職種間の連携を

e0135279_015697.jpg


 九地協は11月20日、13時30分から事務所において重心・筋ジスワーキンググループ会議を開催しました。会議には、児童指導員・療養介助職・保育士の各代表、九地協の執行部担当役員と本部の三浦中央執行委員の計10人が参加しました。

 第3回目となる今回の会議では、障害者自立支援法の廃止とあらたな「総合福祉制度」制定の方向が示される中で、今後、国立病院の重心・筋ジスの医療・看護・介護はどうあるべきか、また職員の処遇・労働条件、現場の諸問題について論議しました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-11-20 18:00

2010.11.12.全国統一対話宣伝行動

e0135279_074939.jpg

全国統一対話・宣伝行動で九州43人拡大

ビラ宣伝・署名活動・退勤時間調査・食事会・支部大会…
終日の大奮闘 全医労としての一体感

全国一斉にとりくんだ「11・12対話宣伝行動」では、各支部で多彩な催しが展開されました。  
九州では、この日、朝ビラ宣伝や出・退勤調査、食事会など、組合員と対話・宣伝行動に関わった人は約3,800人にのぼりました。また、各支部の大奮闘によって、この日一日で43人の組織拡大を実現しました。行動に参加した仲間は「全医労はひとつ」という一体感、団結の力を実感しました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-11-12 18:00 | 行動

2010.11.1.人事院九州事務局交渉

e0135279_23551722.jpg
入所者の医療・看護・介護の充実には
職員の処遇改善こそ必要

 九地協は11月1日、人事院九州事務局とハンセン病療養所職員の昇格問題で交渉を実施しました。
 交渉では、入所者の高齢化で医療・看護・介護がより困難度を増しているにも関わらず、
ハンセン病療養所の格付け評価は依然低いままである。入所者に心を寄せ、業務に励む職員の職務評価を正当に行い、速やかな昇格こそ、職員は意欲を持って働くことができるのであり、そのことが入所者の医療・看護・介護の充実につながる、と追及しました。交渉にはハ病各支部の代表など8人が参加しました。
[PR]
by zeniro-kyushu | 2010-11-01 23:51 | 行動